未分類

イビサクリームのトラネキサム酸の美白効果を徹底調査!

更新日:

イビサクリームのトラネキサム酸の美白効果を徹底調査!

トラネキサム酸

イビサクリームの美白成分でもあるトラネキサム酸の効果や副作用についてイビサクリームを試すまえに知っておきたいことがたくさんありました!そこのトラネキサム酸の特徴や黒ずみ対策への働きなどを調べてみたので参考にしてみてください。

イビサクリームのトラネキサム酸ってどんな成分?

トラネキサム酸とは?

実はトラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗アレルギーや炎症を抑える効果があり、美白効果に注目される前は湿疹やじんましん、アレルギーなどの治療に使われている成分でした。
外用薬と内服薬の2種類あり、両方に美白効果が期待でします。
美白効果の働きはメラニンの生成を抑える働きと肝斑にも直接、効く働きがある美白効果に優れた成分です。
この美白効果は有効として医薬部外品として登録されています。

副作用の心配は?

トラネキサム酸の副作用はない服役には稀に食欲が減退する吐き気がすることが一時的に出ることもあるそうです。
イビサクリームのような外用薬は表に安全で副作用の心配はありません。

イビサクリーム以外にトラネキサム酸が使用されている製品

HAKU(資生堂)
トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズ(第一三共ヘルスケア)
雪ごこち美白クリアジェル(ロート)

大手の化粧品会社や製薬会社でも使用されている非常に安全性のある成分になります。

イビサクリームの代用として大手の化粧品をデリケートゾーンにつけることはおすすめしません。

顔の美白用専用に作られた化粧品やクリームはデリケートゾーンや太ももの付け根など肌が弱い部分に塗ると刺激を受けてしまい、肌が荒れてしまうなどのトラブルになる可能性があるため、デリケートゾーン用に開発されたイビサクリームを使用するようにしましょう。

トラネキサム酸とハイドロキノンの違いは?

美白ケアといえば、病院で処方されるハイドロキノンが有名ですよね。

ハイドロキノンの美白効果はメラニン色素の生成をブロックする効果とすでにできてしまったメラニン色素を消す効果があります。

メラニン色素が原因のシミや色素沈着、黒ずみを予防するだけではなく、黒ずみなどを薄くしてくれる作用があるんです。

トラネキサム酸はメラニン色素の生成をブロックすること効果はありますが、すでに出来てしまったメラニン色素を消す効果は弱いです。

ハイドロキノンのデメリット

美白効果としてはハイドロキノンのほうがメラニン色素への美白効果は高いのですが刺激や副作用が強いためデリケートゾーンや敏感肌や乾燥肌の人には使えないがデメリットです。
そのほかにも、

・肌の角質層おくのメラニン色素まで届かない
・美白効果がまばらで、白斑の状態になることがあるので注意
・ハイドロキノンを塗ったあとに紫外線を浴びるとメラニン色素が増えてしまう
・濃度が濃いものは発がん性があり(5%以上)
・クリニックや皮膚かで処方してもらう必要がある

ハイドロキノンの美白効果は高いですが、それと同時に副作用もキツイため敏感肌やデリケートゾーンへの部分には避けることがようです。
副作用で肌トラブルのかぶれ、赤み、ヒリヒリする、皮がむけるなどの症状がでる可能性があるため注意が必要です。

デリケートゾーンや敏感肌の黒ずみ対策はイビサクリーム

イビサクリームには有効成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されています。
トラネキサム酸はメラニン色素を作らせないようにブロックする作用
グリチルリチン酸2Kはターンオーバーを正常化させて、お肌の荒れを抑えて肌のキメを整える作用

植物由来の美白成分と保湿成分を配合

イビサクリームは植物由来のメラニン色素を排出する作用のある成分を4出井配合しています。
また、保湿効果のある植物由来の成分が8種類配合されています。
保湿効果が高い成分なので敏感な肌をバリア機能を高めてくれて外部刺激から守る効果が期待できるため、黒ずみや色素新着の予防にもなります。

-未分類

Copyright© イビサクリームのリアルな口コミと最安値36%OFFの場所を調べてみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.