黒ずみケア

市販で買えるデリケートゾーンの黒ずみクリーム安い順ランキング!最安値で購入するための最新情報!

更新日:

市販で買えるデリケートゾーン黒ずみクリーム安い順ランキング!

市販で購入できるデリケートゾーン用の黒ずみクリームですが、市販の薬局やドラッグストアーでは見つける事がとても困難でデリケートゾーン専用の黒ずみクリームがほぼ手に入らない事が分かりました。

そこで、市販の薬局やドラッグストア―で購入できる美白クリームなどを中心に探してみました。
但し、デリケートゾーン専用ではありませんのでご注意いただきたいです。

デリケートゾーンに使用するのであれば、低刺激でありながら美白成分、保湿成分が入っているクリームが良いのですが、一般的な市販クリームだと、美白成分が入っているが低刺激のものがあまり出回っていないので、保湿性の高い美白クリームを中心にお伝えしたいと思います。

ただしUVケアではありません、デリケートゾーンの黒ずみの原因は紫外線ではないので、美白といってもUVを1番に考えられているクリームをチョイスはしていません。

  「ワキレ ホワイト」(ロート製薬、メンソレータム)
 脇の黒ずみケア用に開発されたクリームです。
医薬部外品で保湿成分、美白成分ともに配合されていて、高浸透ビタミンC誘導体や角質柔軟成分、保湿成分が配合されているのがポイント!
ターンオーバーの乱れにも着目されているので高期待の黒ずみケアクリームです。
ただし、低刺激にはなっていません。
 ¥1,296円 20g/本(1g=64.8円
「グレイス 高保湿クリーム(美白)濃厚こく」(花王 ソフィーナ)
保湿クリームでありながら美白成分 カモミラETが配合されている医薬部外品の保湿・美白クリームです。
カモミラETはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれる成分、保湿にはセラミドケア成分が配合されています。
ただし、低刺激にはなっていません。
¥4,860円 40g/個(1g=121.5円
「ホワイトニングナイトコンディショナー モイスチャー」 カネボウ ブランシール
潤って美白がメインの薬用美白ジェルです。赤い実の和漢植物火棘は保湿に優れていて他にもニワトコ、ハトムギが配合されています。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスも防ぐホワイトニング、医薬部外品です。
ただし、低刺激にはなっていません。
¥5,184円 40g/個(1g=129.6円
「インフィニティ プライマルホワイトクリーム」(コーセー)
コーセーのホワイトニングブランド「プライマルホワイト」通常の美白クリームにはない、肌を守る事もコンセプトに入れて作られているクリームで、美白成分アルブチンでメラニンの生成を防ぎながら肌の乾燥を解消するのが特徴です。美しい白肌を目指すために作られたクリーム。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスも防ぐ潤いのホワイトニング、医薬部外品です。
¥7,560円 40g/個(1g=189円
「HAKU メラノフォーカスV」(資生堂)
資生堂のHAKUブランドの最新の美白美容液です。
美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)とm-トラネキサム酸(トラネキサム酸)が配合された美容液でメラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを予防してくれる美容液です。
ただし、低刺激にはなっていません。
¥10,800円 45g/本(1g=240円

 

今回は、美白に優れていながら保湿力の高いクリームを選んでみました。
色々な角度から選んでみましたので美白有効成分が各種あります。
値段にはバラツキがありますが、医薬部外品なので信頼のおける製品ではないでしょうか。

「ワキレ ホワイト」は1g=64.8円と安価ですがロート製薬という薬メーカーが作っているので着目してみました。
そして、保湿成分も入っていますので今回のランキングに認められるかなと思っています。

市販という点で、メーカーが安心できる点も考慮しています。
使用目的がデリケートゾーンという事で、安価であってもあまり知られていないメーカーは着目しませんでした。

有名メーカーでも低刺激となると難しいですね。
合成保存料や鉱物油、香料などは入っているようで、デリケートゾーンには使いたくないって思う方も多いかもしれませんね。
メラニンの生成を抑える点では合格だと思いますが、いかがでしょうか。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、低刺激、保湿、美白が必要

デリケートゾーンは、乳首や陰部付近を指すのですが、黒ずみ対策をする場合、顔や腕などの部分とは少々美白対策が異なります。
通常の美白対策は、紫外線対策を中心に考えるのですが、デリケートゾーンでは触れたり、当たったりという刺激を排除する事が大事になってきます。

それは、元々デリケートゾーンは刺激を受けやすい場所であるため、その刺激から肌を守るためにメラニン色素が作られやすい特徴があります。
肌は刺激を受けると肌を守ろうとメラニン色素を生成して肌を強くしようとします。

もともと乳首は他の部分より色が濃いですし、陰部も乳首程ではありませんが、メラニン色素が多い部分です。
裏を返せば、人間にとって大切な部分だと言えますよね。
特に乳首や陰部はホルモンに作用される点が他の部位とは違う点となります。
妊娠すれば、妊娠ホルモンにより乳首の色は黒くなり、乳首を吸われても耐えられるように準備をするわけです。
陰部でも同じですね、出産に備えて準備もありますが、生理などのホルモンの変化でもメラニンが生成される時があるそうです。

だから外からの刺激などから肌を守ろうとする機能が他の部分より高いと言えます。
なので、黒ずみやすいのは仕方のないことのようです。

他の部分でも、例えば怪我をして、傷跡が黒ずんでしまったり、何かが当たっていた部分が黒ずんでしまったりと、防御作用が働き黒ずんでしまう事があります。
これは外からの刺激に対し、強くなろうとする機能が働いた事によるものです。

デリケートゾーンは、いつも下着に密着し、こすれたり、当たったりしていますし、皮脂腺が少なく乾燥しがちです。
乾燥すると肌は角質層を厚くし肌を守ろうとしますので、メラニン色素が多く肌に残る事になり黒ずみに繋がるという悪循環に陥ります。

肌の色は普通、日焼けや刺激を受けなければ一定の色をしていると思いませんか?
昨日は色黒だった人が今日は色白なんて、普通にしていてありませんよね。

どうして肌の色が一定なのかというと、肌が生まれ変わっているからです。
肌の奥では新しい細胞が生まれて、だんだんと上に押し上げられて角質層になって剥がれて無くなっていきます。

これを、肌のターンオーバーというのですが、肌のターンオーバーは10代で20日程度、20代で28日~30日程度、50代にもなると40日もかかってしまうと言われています。
肌のターンオーバーを経て肌は生まれ変わるので、黒ずみケアは肌のターンオーバーを考えないという事はありえないのです。
ですから、肌のターンオーバーを促進する事で、クリアな白肌をキープできる訳です。

 

<デリケートゾーンの黒ずみ原因>
・外からの刺激
・乾燥によるターンオーバーの遅れ
・ホルモンによる刺激

 

他の部分の黒ずみとは違い、デリケートゾーンの黒ずみはUVの刺激は通常考えられない事が特徴です。
トップレスで日焼けをしたり、何もつけずに股を日焼けさせたりしないかぎり、日焼けで黒くなると考えにくいです。
ただ、水着が紫外線を通してしまう薄手のものやカップが付いていないものは気を付けた方が良いかもしれませんね。

デリケートゾーンの場合はもともと外からの刺激でメラミン色素が生成されやすいという特徴があるので、できるだけ刺激をなくすことが重要ですね。

 

デリケートゾーンで使う美白クリームの3つの条件

デリケートゾーンで使用する美白クリームは、刺激を受けにくく、保湿ができ、美白ができるクリームが望ましい!

<3つの条件>
・低刺激
・潤い成分
・美白成分

 

美白クリームでは潤い成分と美白成分を兼ね備えているものは多く販売されているものの、低刺激のものがなかなか見つからないのが現状です。

デリケートゾーン用に開発された美白クリームでは、低刺激になるように合成保存料、鉱物油、香料、合成界面活性剤などを無添加にしているようですから、デリケートゾーン用に作られた美白クリームを使用する事が望ましいでしょう。

 

化粧品に使われる合成保存料とは

合成保存料は製品が腐らない、又は品質が悪くならないようにする添加物で、化粧品や薬にも入れてあるものがありますし、成分は違うにせよ食品にも使われているものもあります。

化粧品では微生物やカビが発生しないように品質を保つためにもほとんどの化粧品には配合されていますが、開封せずに3年間は品質を保たなければならないと化粧品に関して法律で決められていますので仕方ないところもあります。

最近では、無添加化粧品やオーガニック化粧品など保存料が配合されていないものも販売されていますが、保存料が入っていないものは使用期限を表示しなくてはならないと法律で決められています。

<化粧品に使われる防腐剤>

・パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)
一般的な保存料で広く使われています。
抗菌性が高い、高範囲の微生物に効果がある。
低量でも防腐効果があるという点で多く使われています。
パラベンの中でも
メチルパラべン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベンが一般的です。

・ヒノキチオール
台湾ヒノキの精油、日本ヒバであるヒノキアスナロに含まれる薬効成分です。
香りが特徴的で広範囲の微生物に抗菌性が強い成分です。

・フェノキシエタノール
パラベンが効きにくいグラム陰性菌に対し有効で、抗菌力はあまり強くありません。

・安息香酸
殺菌作用はさほど強くありませんが増殖を抑える点で効果を発揮する防腐剤です。
多くは食品で使われています。

・安息香酸ナトリウム(安息香酸Na)
好気性菌の発育を阻止する効果があり、有機物による防腐性能の作用差があまりないのが特徴です。pHにもあまり作用されないという特徴もあります。

化粧品では指でクリームを取ったりすることが多いため細菌やカビが混入しやすいですね、その為安定的に使用するためにはどうしても防腐剤は不可欠となります。
しかし、パラベンなどに反応してしまう敏感肌の人がいる事も事実で、低刺激な化粧品にシフトする事もお勧めです。

化粧品の中では天然の防腐剤や防腐剤フリーのものもありますので、成分をよくチェックして使用してみるもが良いでしょう。
防腐剤無添加化粧品では開封後の使用期限が決められていますので、使用期限が過ぎたものは使用しないでください。

デリケートゾーンに使用する場合にも、美白クリームを塗る前にデリケートゾーンを清潔にしてから使用する事を忘れずに。

-黒ずみケア
-

Copyright© イビサクリームのリアルな口コミと最安値36%OFFの場所を調べてみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.