未分類

イビサクリームとヴィエルホワイトの違いを比較!優れたクリームはどっち?

投稿日:

イビサクリームとヴィエルホワイトどっちがおすすめ?

同じデリケートゾーンの黒ずみに効果があると言われているこの2つの商品の特徴や違いを紹介して、どちらがおすすめかについて説明します。

比較するとイビサクリームとヴィエルホワイトには意外と共通点が多い事が解りました。

まずどちらの商品もデリケートゾーンだけでなく、ワキや乳首や膝や肘など黒ずみが出来やすい部位であれば、どんな箇所に使っても問題なく改善効果があり、全身に使える美白ケア用品という特徴が共通してます。

またどちらの商品も公式ホームページから定期購入が可能で、通常の単品購入に比べてかなり割安価格で購入が可能です。

定期購入以外にもどちらの商品もまとめ買いが併用可能で、さらにお安く購入できる点も共通してます。

定期購入とまとめ買いを併せて購入すると、初回は1本ずつ購入するよりも高くなりますが、1本あたりの単価は大幅に下げる事が可能で、長期間継続的に使わないと効果が出ないこういった美白製品には有難い購入方法です。

さらにイビサクリームとヴィエルホワイトはどちらも黒ずみ解消の効果がある美白成分のトラネキサム酸とグリチルリチン線が配合されている点が共通してます。

トラネキサム酸の効果は黒ずみの原因のメラニンの生成を抑える事で、肌本来の奇麗な色に近づける事が可能です。

トラネキサム酸は元は抗アレルギー剤などの内服薬に使われていた成分ですが、顔のシミなどにも効果がある事を発見されて、美白クリームに良く使われるようになりました。

グリチルリチン酸の効果は肌の炎症を抑える事で、黒ずみを残す原因の一つの肌荒れを抑える事と、殺菌作用もあって肌にダメージを与える雑菌の繁殖を抑えて肌を快適な状態にキープできる事です。

グリチルリチン酸は漢方薬のカンゾウから抽出された成分で、飲み薬にも使える成分なので安心して使えます。

トラネキサム酸の効果とグリチルリチン酸の効果の2つの協力な美白効果がある成分が配合されている事が最大の共通点で、どちら商品も美白効果が高い所以です。

イビサクリームとヴィエルホワイトの主な違いは、価格や使用感や香りや容器などです。

イビサクリームの方が多少価格が安くて、定期購入時の最低継続回数が2回でお得感があります。

ヴィエルホワイトは定期購入時の最低継続回数が4回で若干長く継続しなければならない点などの違いです。

イビサクリームとヴィエルホワイトの違いを徹底解説

多くの女性にとって、デリケートゾーンに黒ずみは気になるものです。

デリケートゾーンは普段周囲の人から見られる部分ではないものの、海やプールで水着になった時にそれが目立つと、予想外に恥ずかしい思いをしてしまいかねません。

女性にとっての大きな悩み事になり得るデリケートゾーンをケアするための商品には色々な種類のものがありますが、ネット上などで特に人気が高いのがイビサクリームとヴィエルホワイトです。

それらには気になる部分に塗ることで黒ずみを解消することが期待できる商品であること、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kという美白成分が配合されていること、そして公式サイトからお得な定期購入コースが申し込めることなど、いくつもの共通した点が見られます。

しかし、その2つの商品を比較すると色々な点で違いがあることが分かります。そこで、ここからはそれらの違いについて、いくつかのポイントごとに比較して見て行きましょう。

まず最初に比較するのは価格についてです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、継続して行うことが予想されるものなので、この点については気になるという人が多いことでしょう。

まずはイビサクリームの価格を見てみると、通常価格が税抜きで7,000円となっており、そこに送料と決済手数料がそれぞれが税込で360円と150円かかります。

公式サイトから定期コースを申し込んだ場合であれば、税抜きで4,470円で送料・決済手数料が無料になります。

一方、ヴィエルホワイトの通常価格は税抜きで9,960円で送料が500円かかり、それが定期購入になれば4,770円で送料が無料です。

このように、価格に関しては前者の方が少し安いということが分かります。次に比較するのは定期購入時の最低継続回数についてです。

その回数によって途中解約のしやすさが変わって来るので、意外と重要な違いと言えるかも知れません。

その回数はイビサクリームが2回、ヴィエルホワイトが5回となっているので、解約しやすいのは前者だということになります。

続いては返金保証期間の比較です。

もしも自分のお肌に合わないと感じた場合にお金が無駄にならなくて済むということで、この返金保証期間が長ければ、より安心して申し込みやすくなるでしょう。

この点に関してては、イビサクリームが28日以内、ヴィエルホワイトは120日以内となっているので、後者の方がより大きな安心感が得られると言えます。

ただし、後者の方が長いとは言っても返金されるのは初回の1本分の金額だけなので、実際はそれほど大きな差はないと考えることも出来ます。

ここまでは購入する際に気になる点について色々と比較して来ましたが、実際に使用する際にも気になることはいくつもあるでしょうから、ここからはそれらの点について見て行きます。

まずは使用感を比較すると、イビサクリームはクリーム状の商品なのでベタつきにくく、ヴィエルホワイトはジェル状の商品なのでしっとり感があります。

使用感の良し悪しはその人の感じ方によって異なるため、好みの方を選べば問題ないでしょう。

またクリーム状かジェル状化という違いは容器にも反映されていて、前者はチューブ式、後者はプッシュ式となっています。

正しい用量を守りやすいのは後者なので、使い勝手もそちらの方が良いと言えるでしょう。次は香りを比較します。

イビサクリームは合成香料を始めとして添加物を使用しないで製造されている商品なので香りはありません。

それとは異なり、ヴィエルホワイトはアロマのようないい香りがすると好評です。

この点に関しても好みの問題となって来るので、基本的には好きな方を選べば良いとは言えるのですが、場合によっては香料が好みに合わなかったり、お肌に対して刺激を与えたりする可能性もあるので、香りに関して迷った場合には前者を選んだ方が無難かも知れません。

短期利用でも長期利用でもイビサクリームがおすすめできる理由

黒ずみケアアイテムとして人気のイビサクリームとヴィエルホワイトですが、短期利用でも長期利用でも、ヴィエルホワイトよりもイビサクリームがおすすめできる理由はいくつかあります。

まず、使用感です。デリケートゾーンは蒸れやすく快適さを保ちにくいため、ジェル状でべたつきやすいヴィエルホワイトよりも、クリーム状でサラッとした使用感があり快適なイビサクリームが優れているといえます。

そして、定期購入時の最低継続回数の違いです。イビサクリームは約2ヶ月分に相当する2回ですが、ヴィエルホワイトは約4ヶ月分に相当する4回となっています。

2ヶ月で大幅に改善できたり、効果に納得できなければその時点で解約すればよいですし、さらに継続したい場合は、再度定期購入を申し込むこともできます。

このように、使用感と最低継続回数という理由から、イビサクリームは短期利用でも長期利用でもおすすめできるといえます。

-未分類

Copyright© イビサクリームのリアルな口コミと最安値29%OFFの場所を調べてみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.