イビサクリームのリアルな口コミと最安値36%OFFの場所を調べてみた!

イビサクリームのリアルな口コミと最安値36%OFFの場所を調べてみた!

未分類

イビサクリームはどんな成分が使われているの?

更新日:

成分

イビサクリームはどんな成分が使われているの?

イビサクリームは無添加のデリケートゾーンでも使える美白クリームとして人気を集めていますが、デリケートゾーンに直接塗れる美白クリームなのでかなり肌にやさしいクリームですよね。

それに、敏感肌のひとでも安心して使えるようにと刺激のない脱毛サロン開発の美白クリームとしても評価が高いのです。

そんなイビサクリームはどんな成分が入っているか知っていますか?

イビサクリームはアットコスメでも口コミが高評価ですが、中身のクリームにどんな成分が配合されているかわかりませんよね。

とくにデリケートな部分につけるものですから配合されている成分をしっかり確認して使うことはとっても大切なんですよ。

主成分とサポート成分など細かく分けると多くの成分が配合されているのがわかると思います。

配合されている全成分を確認したい人は公式サイトで確認するのがおすすめです。

今回は、主成分とサポート成分を中心に細かく効果などを紹介していきたいと思います。

イビサクリームの美白主成分 『トラネキサム酸』

美白成分のトラネキサム酸がイビサクリームの主成分の一つになります。

このトラネキサム酸の働きで黒ずみが綺麗になっていくんですね。

このトラネキサム酸は医薬部外品として認められている成分ということは厚生労働省が効果をしっかり認めたということになります。

どういうことかというと、医薬部外品はトラネキサム酸の働きがお肌への働きがあると国で認められた成分という証明にもなります。

イビサクリームは医薬品ではないため、医薬品ではないけど、働きのある成分がしっかり入った美白成分ですよ。ということになります。

イビサクリームの美白効果は?

お肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けるとお肌を守るバリアとしてシミや黒ずみの原因であるメラニン色素を生成するように情報伝達物質が刺激を受けた皮膚に現れます。

皮膚に現れた情報伝達物質がメラサイトというメラニン色素を生成する細胞に届いてしまうと、メラニン色素がどんどん生み出されてしまいます。

この情報伝達物質の働きをブロックするのがトラネキサム酸の働きなんです。

トラネキサム酸がブロックすることでメラニン色素を生成しろ!という指令がメラサイトに届かないためメラニン色素が作られません。

シミや黒ずみができることはなくなります。

イビサクリームの美肌成分 『グリチルリチン酸2K』

イビサクリームのもう一つの主成分であるグリチルリチン酸2Kです。

グリチルリチン酸2Kは美白成分ではありません、皮膚につけたり、ケアするものには必ずといってもよいほど配合されています。

例えば、基礎化粧品やシャンプー、育毛剤にも含まれていますし、かぜ薬なんかにも入っているそうですよ。

幅広いですね。

主にどんな役割をするかというと、わかりやすく説明するとグリチルリチン酸2Kはニキビ薬用クリームにも必ず入っているのですがニキビでも赤ニキビや黄ニキビなど周りのお肌が荒れて炎症を起こしている重症なニキビの炎症を抑えて、お肌のキメを整えてくれるのです。

ですから、すぐに荒れやすい敏感肌用の基礎化粧品にも配合されています。

このグリチルリチン酸2Kはどんな成分からできているのかというと、漢方素材として有名の甘草(カンゾウ)の根に含まれているグリチルリチン酸とカリウムを合わせて出来たものなんです。

だから、デリケートゾーンにも直接塗れますし、敏感肌の人でも使用することができるんですね。

イビサクリームのサポート成分はどんなものがあるの?

イビサクリームは2つの主成分のほかに、植物成分が多く配合されています。

植物成分は植物由来で直接、植物から抽出した天然の成分だけを4種類も含まれているんですよ。

その4種類がサクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキス

サクラ葉抽出液

サクラ葉抽出液は名前の通り、桜の葉から抽出したエキスで、ほかにサクラエキスと表記されることもあります。
このサクラ葉抽出液にもしっかりと美白成分が含まれていますよ。
トラネキサム酸と同じメラニン色素の生成を抑える働きとお肌に炎症などを抑えてくれる抗炎症作用の効果があります。
自然由来の成分なのでお肌が優しく美白効果がじんわり効いてきそうです。

カモミラエキス

カモミラエキスはハーブティーで有名なカモミールティーと同じハーブの一種です。
ハーブのカモミールで別名はカミツレとも呼ばれるキク科の白い花がかわいいハーブを抽出したエキスのことなんです。
ハーブで有名なカモミラエキスは鎮静効果があるのは有名でお肌の炎症を抑えてくれます。
そのほかにも化粧品メーカーの花王が発見した美白成分のモミラETはカモミールの葉から抽出した美白成分をカモミラエキスと呼びます。
この葉から抽出した美白成分がしっかり配合されています。

ダイズエキス

ダイズエキスは大豆から抽出したイソフラボンがたっぷり入ったエキスです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た成分としても有名ですよね。
イソフラボンエキスにはお肌を保湿してくれる効果が高く、イソフラボンが配合された化粧水や美容液のなめらか本舗などがあります。
イソフラボンが主成分になった基礎化粧品が発売されるくらい保湿効果などお肌にとっても良いのがわかります。
イソフラボンは保湿効果だけではなく、メラニン色素を生産をブロックする美白効果も持ち合わせていますし、お肌の炎症や荒れを抑えてくれる効果もあるんですよ。
また、出来てしまったメラニン色素にはお肌のターンオーバーを活発にして古い角質と一緒に排出させるこが必要ですが、女性ホルモンが高まることによって乱れたターンオーバーを正常に戻してくれる効果も期待できそうです。

オウゴンエキス

オウゴンエキスは美白効果が絶大で、紫外線を浴びるとお肌に刺激を感じ、お肌を守ろうとバリアとしてメラニン色素を分泌を促す情報伝達物質エンドセリン-1を作り出すのを抑えてくれる作用があるのです。
またオウゴンエキスは保湿やコラーゲン保護などの作用もあり、敏感肌用の基礎化粧品に多く入っていることが多いですね。
このオウゴンエキスはシソ科の植物で紫色の花を咲かせる有名な植物です。植物名はコガネバナで、このコガネバナの根っこを乾燥させたものをオウゴンといいます。
オウゴンエキスは育毛効果もあるので育毛剤にも入っていることもありますよ。

そのほかにもイビサクリームは8種類の保湿成分

イビサクリームは美白成分だけが入ったクリームだはないことはわかってもらえましたか?
かなりお肌のことを考えて作られているから、美白成分、炎症」抑える成分、保湿成分がしっかり含まれています。
黒ずみがあるお肌は乾燥しがちで刺激に弱くなっているものそんなお肌を保湿成分でケアしています。
8種類の保湿成分はどんなものが含まれているのか見てみましょう。
ヒアルロン酸ナトリウム、シロキクラゲ多糖体、乳酸ナトリウム液、ローズ水、BG、1,2-ペンタンジオール、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は保湿成分として有名ですよね。保湿効果が高い基礎化粧品には必ず入っていますし、最近ではヒアルロン酸の原液を美容液
として使っている人もいるくらいですからね。
ヒアルロン酸は高い保水力が特徴でお肌にとどまる水分をたっぷり保つ効果があります。
この保湿効果で潤いのあるお肌がキープできますから、乾燥しやすくなっている黒ずみもしっかり保湿ケアしてくれます。

シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲ多糖体は名前のとおり、きのこのシロキクラゲから抽出された成分です。
このシロキクラゲ多糖体は高い保水力があり、多くの水分を蓄積できることが特徴でヒアルロン酸よりも多くの保湿力があるといわれています。

乳酸ナトリウム液

乳酸ナトリウム液は肌の角質の中でも一番の外側でうるおいを保っている、もともとお肌に存在する保湿成分の一つ天然保湿因子の一種です。
もともと、お肌にある保湿成分をエキスにしてよりお肌に浸透しやすくして配合されています。
この乳酸ナトリウム液は保湿効果と抗菌効果があります。

ローズ水

ローズ水は名前のとおり、バラの成分を抽出した水で、化粧水なそにもバラのエキスが有効成分として含まれているものは昔からたくさん
ありますよね。
効果は保湿効果と抗菌効果があります。

BG

BGはブチレングリコールの略ですが、化粧水などの基礎化粧品の成分表を見てみると、必ずといっていいほど含まれている成分なんです。
このBGは水分を多く吸収して保湿効果が高い、細菌を増殖を防ぐ効果があり刺激もないため基礎化粧品に多く入っています。

1,2-ペンタンジオール・1,2-ヘキサンジオール

1,2-ペンタンジオールと1,2-ヘキサンジオールはBGよりも高い細菌を防ぐ、抗菌力が優れています。
また保湿効果も高いため、化粧水などの基礎化粧品に多く配合されている成分です。

グリセリン

グリセリンは皮膚を保護する保湿成分で、とくに乳液やクリームなどの濃い基礎化粧品や化粧品に含まれています。

イビサクリームの成分を一覧で見てみよう
トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2-ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2-ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水
加齢が進むとシミやほうれい線に悩まされる、解決方法はある?

思春期の間はニキビが一番の悩みですが、加齢が進むとシミやほうれい線などに悩まされることが多くなります。
美肌を目指すというのは易しそうに見えて、実際は大変難儀なことだと考えてください。

洗顔料には多岐に亘る商品があるのですが、それぞれに最適なものをピックアップすることが肝心だと言えます。
乾燥肌で困っている人は、何と言っても保湿成分が多量に含有されているものを選んで使用するようにしましょう。

大量の泡で肌をやんわりと撫でるようなイメージで洗い上げるのがおすすめの洗顔方法です。
毛穴の汚れがあまり落ちないからと言って、ゴシゴシこするのは感心できません。

シミやシワなどは肌の乾燥に大きく関係しています。潤いがなくなると肌のターンオーバーが狂い始め
角質層も分厚くなりメラニン色素を上手く排出できなかったり、弾力がなくなりシワができ始めます。

ほうれい線は線の部分の乾燥というより、頬全体の筋肉のたるみが原因です。
潤いを肌に与えながら、筋肉を鍛える事も大事です。毎日顔のストレッチをすることで頬の筋肉を鍛えましょう。

加齢が進むと肌のキメが荒くなります、毛穴が一番のポイントとなります。
加齢により毛穴が広がるのはタルミによる毛穴の広がりで潤いを与えても毛穴が縮まらなくなってきます。
しっかりと顔の筋トレをして、加齢による毛穴の広がりを防いでいつまでも若々しいお肌を保ちましょう。

もし、肌荒れ、乾燥がすごい時は、少しの間メーキャップは止めた方が賢明です。
それから栄養と睡眠を十分にとるようにして、肌が受けたダメージの正常化を一番に考えた方がお肌が回復します。

乾燥肌の原因に、紫外線も関係あるの?!

「保湿には時間を掛けているのに、どうしても乾燥肌が改善しない」と苦悩している場合、
スキンケア商品が自分の肌質に合っていないものを使用している可能性があります。
自分の肌に適したものを選択しましょう。

乾燥肌の原因には、他にもあります。
慢性化したストレス、短時間睡眠、油物ばかりの食事など、
日々の生活が芳しくない場合など、肌のコンディションがくずれますよね。

乾燥のない透明度の高い白色の美肌は、女子であれば誰でも望むものです。
美白用のスキンケア製品とUV対策のダブル作戦で、乾燥に負けない雪肌をゲットしましょう。

紫外線が肌に当たるとメラニン色素が産出されて、このメラニンがある程度蓄積されるとシミに変化します。
美白用のスキンケア用品を利用して、すぐに大切な肌のお手入れをしなければなりません。

肌の状態を整えるスキンケアに欠かせない成分というのは、生活スタイルや体質、時期、
年齢によって変わるのが普通です。その時点での状況を把握して、ケアに使う化粧水や美容液などを入れ替えてみましょう。

紫外線は肌の奥まで入り込み、肌細胞を破壊してしまいます。
しっかり潤ったはだより乾燥肌の方がバリアがもろく紫外線も肌の奥まで通してしまいます。

お肌自体にダメージが大きくなると、やがて保水す力も低下し、ますます乾燥肌へと陥ってしまいます。

-未分類

Copyright© イビサクリームのリアルな口コミと最安値36%OFFの場所を調べてみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.