未分類

イビサクリームの主成分のトラネキサム酸の美白成分はどんなもの?

更新日:

イビサクリームの主成分のトラネキサム酸の美白成分はどんなもの?

トラネキサム酸

イビサクリームはブルジリアンワックス脱毛サロンが開発した美白クリームとして有名ですが、その中でも美白成分をこだわって開発されたのは知っていますか?

イビサクリームの主成分としても配合されているトラネキサム酸です。

この美白効果が期待できるトラネキサム酸はどんなものなのかを解説していきたいと思います。

トラネキサム酸ってどんなものなの?

トラネキサム酸は元々医療で使われていた成分でいまでも、止血や湿疹の改善に使われているアミノ酸なんです。

アミノ酸ですから強い副作用があるという報告もなく安全性は高い成分です。

なんでこのアミノ酸が美白効果があるの?と思われる人は多いと思います。

実は全く違う目的でトラネキサム酸が入った薬を飲んでいたところ顔のシミが薄くなる例があり、そこからトラネキサム酸に美白効果があることがわかり美白クリームや美白化粧品に配合されるようになりました。

トラネキサム酸自体、一般的なものですから敏感肌の人はもちろんデリケートゾーンに直接塗っても問題はありません。

実はトラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗アレルギーや炎症を抑える効果があり、美白効果に注目される前は湿疹やじんましん、アレルギーなどの治療に使われている成分でした。外用薬と内服薬の2種類あり、両方に美白効果が期待でします。
美白効果の働きはメラニンの生成を抑える働きと肝斑にも直接、効く働きがある美白効果に優れた成分です。
この美白効果は有効として医薬部外品として登録されています。

イビサクリーム

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

イビサクリームが医薬部外品のワケ

イビサクリームは美白クリームなので化粧品と認識している人もいますが、じつは医薬部外品なんです。

化粧品と医薬部外品の両カテゴリーに美白クリームがありますが2つの違いは何かわかりますか?

大きな違いがあるので詳しく見てみましょう

医薬部外品とは
厚生労働省が認めた症状(解決したい症状)などに有効な成分が含まれている
医薬品より緩やかに効果が現れてより副作用を起こしにくい
予防や進行状況を抑えてくれる
化粧品とは
医薬部外品よりももっと緩やかに効果が現れる
目的として美容や清潔さを高めるための要素が高い

化粧品の美白クリームよりもより厚生労働省が認めた成分が含まれているトラネキサム酸が入っているからこそ黒ずみにも期待できます。

トラネキサム酸の副作用の心配は?

トラネキサム酸の副作用はない服役には稀に食欲が減退する吐き気がすることが一時的に出ることもあるそうです。

イビサクリームのような外用薬は表に安全で副作用の心配はありません。
イビサクリーム以外にトラネキサム酸が使用されている製品

HAKU(資生堂)
トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズ(第一三共ヘルスケア)
雪ごこち美白クリアジェル(ロート)

大手の化粧品会社や製薬会社でも使用されている非常に安全性のある成分になります。

イビサクリームの代用として大手の化粧品をデリケートゾーンにつけることはおすすめしません。

顔の美白用専用に作られた化粧品やクリームはデリケートゾーンや太ももの付け根など肌が弱い部分に塗ると刺激を受けてしまい、肌が荒れてしまうなどのトラブルになる可能性があるため、デリケートゾーン用に開発されたイビサクリームを使用するようにしましょう

トラネキサム酸とハイドロキノンの違いは?

美白ケアといえば、病院で処方されるハイドロキノンが有名ですよね。

ハイドロキノンの美白効果はメラニン色素の生成をブロックする効果とすでにできてしまったメラニン色素を消す効果があります。

メラニン色素が原因のシミや色素沈着、黒ずみを予防するだけではなく、黒ずみなどを薄くしてくれる作用があるんです。

トラネキサム酸はメラニン色素の生成をブロックすること効果はありますが、すでに出来てしまったメラニン色素を消す効果は弱いです。

ハイドロキノンのデメリット

美白効果としてはハイドロキノンのほうがメラニン色素への美白効果は高いのですが刺激や副作用が強いためデリケートゾーンや敏感肌や乾燥肌の人には使えないがデメリットです。そのほかにも、

・肌の角質層おくのメラニン色素まで届かない
・美白効果がまばらで、白斑の状態になることがあるので注意
・ハイドロキノンを塗ったあとに紫外線を浴びるとメラニン色素が増えてしまう
・濃度が濃いものは発がん性があり(5%以上)
・クリニックや皮膚かで処方してもらう必要がある

ハイドロキノンの美白効果は高いですが、それと同時に副作用もキツイため敏感肌やデリケートゾーンへの部分には避けることがようです。

副作用で肌トラブルのかぶれ、赤み、ヒリヒリする、皮がむけるなどの症状がでる可能性があるため注意が必要です。

デリケートゾーンや敏感肌の黒ずみ対策はイビサクリーム

イビサクリームには有効成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されています。

トラネキサム酸はメラニン色素を作らせないようにブロックする作用

グリチルリチン酸2Kはターンオーバーを正常化させて、お肌の荒れを抑えて肌のキメを整える作用

植物由来の美白成分と保湿成分を配合

イビサクリームは植物由来のメラニン色素を排出する作用のある成分を4出井配合しています。

また、保湿効果のある植物由来の成分が8種類配合されています。

保湿効果が高い成分なので敏感な肌をバリア機能を高めてくれて外部刺激から守る効果が期待できるため、黒ずみや色素新着の予防にもなります。

イビサクリームの有効成分トラネキサム酸とは?

陰部の黒ずみでお悩みの女性は多いです。

人になかなか相談出来ない悩みですし、一人で悩んでしまう事も多いと思いますが、その対策の参考にしてください。

美白系のアイテムとして定番なのがハイドロキノンというクリームです。

これは濃度の濃いものは美容皮膚科などで意志から処方してもらうことができたり、個人輸入で購入できるものですが、漂白作用がありシミの治療でも使われています。

しかし一般的な美白化粧品と異なりメラニン色素を抑制するだけではなく薄くする漂白効果まで期待出来る反面、強い薬になりますのでデリケートゾーンには使う事はあまりお勧めできません。

効果はあったとしても敏感なお肌の部分になりますので、使う事で荒れてしまったり炎症を起こす事も考えられます。

濃度の薄いものを使うという選択肢もありますが、そうなれば効果も半減することになります。

トラネキサム酸は肝斑の治療でしばしば用いられる内服薬で、ドラッグストアなどでも購入出来ますし、医師から処方してもらう事も可能です。

トラネキサム酸は身体の内側からシミに対応していく事が出来る薬です。

ターンオーバーといって、新陳代謝が行われる身体の機能が有りますが、これが年齢とともに衰えてくることでタイミングずれて新しい皮膚にうまれかわれなくなり、メラニン色素などが蓄積されてしまうのです。

その効果を高めていく事が出来るので必然的にシミができづらく薄くしていくという事につながります。

ハイドロキノンは漂白作用があり理論上では効果があるという事になりますが、デリケートゾーンに使用するのはやめた方が良いお薬です。

また強い薬なので、身体が防御体制になってしまい、黒ずみの原因でもあるメラニンがさらに過剰に分泌されてしまうといった副作用が出てしまう可能性も高まります。

せっかく美白のために使ったのに逆に黒ずみが余計目立ってしまったという方の体験談も多く寄せられていますので、デリケートゾーンに使うことはやめた方が良いでしょう。

一方内側から服用できるトラネキサム酸であれば身体の内側からターンオーバーの働きを高めていく事が出来るので、黒ずみにも効き目が出てくるという事が考えられます。

ドラッグストアで購入することもできますし、美容皮膚科で手に入れる事も可能です。

またデリケートゾーンの黒ずみだけではなく、お肌のシミにも作用しますので相乗的な期待もできるというメリットも有るのでお勧めです。

黒ずみが出来てしまう原因は?

黒ずみ自体がなぜデリケートゾーンにできてしまうのでしょう。

それはいろんな要因や生活習慣が黒ずみの原因であるメラニン色素を発生させてしまうからです。

主に、シミや黒ずみの原因になるメラニン色素が発生する場合は紫外線から細胞を守るためにバリアとして発生しますが、黒ずみやシミ、ほくろの原因になってしまいます。

デリケートゾーン、とくにIラインの場合は紫外線よりも下着のゴムの長時間の締め付けや下着の擦れ、オリモノシートやナプキンの蒸れ、肌のターンオーバーの代謝が低くなってしまう、ホルモンバランスの乱れなどが原因です。

紫外線のほかにも肌に直接の刺激にもメラニン色素が発生させてしまうため強くこすったりする摩擦や圧迫、かゆみで掻くなども黒ずみを発生させてしまいます。

トラネキサム酸が黒ずみアプローチするまで

黒ずみができてしまったときの強い味方のトラネキサム酸ですがどんなアプローチで黒ずみを改善していくのでしょうか?

順番を追ってみてみましょう!

刺激や摩擦で肌の深い角質層にメラニン色素が発生してしまう。

トラネキサム酸が配合されたイビサクリームを塗ることでメラニンを発生させる情報伝達物質をブロック

イビサクリームを塗り続けることでメラニン色素自体を発生させないので、黒ずみが気にならなくなってくるできてしまった黒ずみはお肌のターンオーバーで古い角質と一緒に排出出来てしまった黒ずみを強い漂白剤で白くするようなことはせずに、事前に黒ずみのもとであるメラニン色素の発生をブロックすることで敏感なお肌にも使える美白クリームになっています。

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

イビサクリームは全身どこでも使えるって知ってた?

デリケートゾーンの黒ずみ対策で有名ですが、全身の黒ずみやシミにも使用できるんですよ。
具体的にどんなところかというと

お肌のシミ
乳首、乳輪

ひじ
ひざ
くるぶし
Vライン
Iライン
Oライン
脚の付け根

などとくにお肌が柔らかく敏感な場所と相性がいいでしょう。

デリケートゾーンに塗って副作用がない場合はほかの部分に塗っても大丈夫でしょう。

 

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

敏感肌でも紫外線対策のイビサクリームが大事!

自分自身の肌に合っていないエッセンスや化粧水などを利用していると、ハリのある肌が作れないばかりか、肌荒れを起こしてしまいます。イビサクリームを入手するときは自分の肌にしっくりくるものを選ぶことが重要です。

肌が過敏な人は、些細な刺激がトラブルになることがあるのです。敏感肌用のストレスフリーのUVケア商品を使って、代用がきかないお肌を紫外線から防護するようにしましょう。
紫外線に当たってしまうとメラニン色素が作られて、このメラニンという物質が溜まると茶や黒のシミとなるのです。
イビサクリームを取り入れて、迅速に日焼けした肌のケアを行うべきです。
イビサクリームというと敏感肌の方は使用できないと思っているようですが敏感肌の人でも使用できる低刺激のUVケア品や、美白化粧品が販売されています。
若年層の肌には美容成分として知られるエラスチンやコラーゲンがたっぷりあるため、乾燥によるトラブルはないように思われますが、UVケアは若くてもしっかりした方が将来綺麗な肌でいられます。
流行のファッションを導入することも、あるいはメイクの仕方を工夫するのも大切なポイントですが、華やかさを保持するために一番重要なことは、美肌を作るスキンケアであることは間違いないでしょう。
是非、紫外線の脅威からお肌を守ってください。

イビサクリームで黒ずみ撃退!

長い間黒ずみで思い悩んでいる人、たくさんのシミやしわに困っている人、美肌を目標にしている人など、全員が全員覚えておかなくてはならないのが、適正な洗顔の仕方です。
いくら高い化粧品を使用しようと、正しい美白が行われていないと肌を傷つけてしまったり、お肌のバリアを壊したり、肌のターンオーバーを狂わせてしまう原因になるからです。
お肌のターンオーバーが崩れれば、シミやくすみ、黒ずみの原因にもなります。
シミ、くすみ、黒ずみのもとであるメラニン色素を排出しずらくするからです。
早ければ30代前半あたりからシミに悩むようになります。
イビサクリームであればメイクでカバーすることも不可能ではありませんが、本当の美肌を手に入れたいなら、スキンケアの基礎にあたる洗顔を見直してみましょう。
敏感肌のせいで肌荒れが発生しているかたも、正しい洗顔をしてみてください。
通常、イビサクリームが肌の調子に反映すると言われています、なので最近ではイビサクリームで良くして、肌荒れを克服しましょうといわれます。
腸内環境を整えてもお肌の調子が悪い人も同じです、優しく泡で洗顔をしてみてください。
若者の頃から質の良い睡眠、栄養バランスのよい食事と肌をいたわる日々を送って、スキンケアに励んできた人は、年齢を積み重ねた時に明白に違いがでてきますので正しいスキンケアは若いうちから行うのがベストです。
ツヤのある白色の美肌は、女の人だったら一様に惹かれるものです。
正しいスキンケアと美白でハリのある理想の肌を目指していきましょう。

-未分類

Copyright© イビサクリームのリアルな口コミと最安値29%OFFの場所を調べてみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.