未分類

イビサクリームのグリチルリチン酸2Kの効果は?

投稿日:

イビサクリームの有効成分であるグリチルリチン酸2Kの効果を調査

美容業界やエステ業界で使用されるイビサクリームは、一体なぜそんなに人気なのでしょうか。

雑誌などでも取り上げられており、多くの女性からの支持を集めています。

その理由は、グリチルリチン酸2Kという成分が配合されており、その成分が大変重要な役割を担っているからなのです。

あまり聞きなれない成分ですが、実はとても身近な商品に使われているとても効果のあるものなのです。

この成分は、カンゾウ由来の成分で漢方薬でも使われています。主に抗炎症作用があるために風邪薬などに用いられているため、結構身近な存在なのです。この効果を利用してイビサクリームには炎症による肌荒れ防止を目的として配合されています。

肌荒れを解消すると同時に、黒ずみも解消できれば肌の悩みはなくなります。

実はグリチルリチン酸2Kは、黒ずみ防止にも大変効果があると期待されています。黒ずみのことを正式には、炎症性色素沈着と言いますが、グリチルリチン酸2Kのが有効成分が炎症性色素沈着と肌荒れを同時に解消することで、肌トラブルを根本的に改善させるのです。

その効果は厚生労働省に認められております。そのためイビサクリームは化粧品ではなくて医薬部外品に分類されているのです。

それだけ効果があると気になるのが副作用でしょう。しかし、グリチルリチン酸2Kには副作用の心配がほとんどありません。そのため長期間の使用でも安心して使えます。

ところでなぜデリケートゾーンに炎症や黒ずみが発生しやすいのでしょうか。それは下着による締め付けや、動きによる摩擦が原因です。また締め付けられているゴムの部分などは濡れたり汗をかいたりしやすいため炎症が起きやすいですから、夏場は注意が必要です。

最近では若い女性を中心に脱毛処理も身近なスキンケアとして行われるようになり、肌には多少なりとも負担がかかってしまいます。そこで安心な成分が配合されている商品で大切な部分をケアするのです。

黒ずみが起きやすい部分はなるべく刺激を与えないほうが良いのですが、下着類は毎日身につけるものでし、脱毛処理も定期的に行うため黒ずみを解消するためには長い期間をかけてケアをする必要があります。

だからこそ長期間に及ぶ使用でも副作用の少ない商品を使わなくてはなりません。

この点でもイビサクリームが人気で、多くの方々に選ばれる理由の一つでしょう。

デリケート部分の黒ずみ解消に向けて、正しいケアと商品の有効成分をきちんと理解しておけば、定期的に使用することで悩みは解消できるのです。

デリケートゾーンに炎症と黒ずみが出来やすいワケ

デリケートゾーンが炎症を起こしてしまったり、黒ずんでしまう原因の第一に摩擦が挙げられます。

デリケートゾーン含む股の部分は下着や洋服で常に覆われているため、動きによる摩擦を受け続けています。

特にビキニラインは下着による締め付けが強いので、摩擦の影響をモロに受けてしまいます。このことで黒ずみができますし、摩擦で皮膚がこすれて痒くなり炎症も起こります。ちなみに脱毛処理も肌を荒れさせて炎症を起こす原因です。

また、下着などで覆われていることによりデリケートゾーンは汗やおりもので蒸れやすくもあります。

蒸れるとかゆみやヒリヒリ感がするのでつい掻いてしまい、それが皮膚を傷つけて炎症を起こすこともあります。特に肌が乾燥している場合は注意が必要です。

イビサクリームの有効成分は副作用が少なく安全

美白クリームとして人気のイビサクリームの有効成分であるグリチルリチン酸2Kは漢方薬にも使われているカンゾウ由来の成分で抗炎症作用に定評があります。

デリケートゾーンでは下着が肌と摩擦したり自己流のムダ毛の処理などで炎症を起こすと色素沈着がによりお肌の黒ずみができてしまうことがありますが、グリチルリチン酸2Kが炎症を抑え、お肌の黒ずみの原因を取り除いてくれるのに加えて肌荒れも防止し総合的にケアできるのが大きなメリットです。

その一方でイビサクリームに含まれているグリチルリチン酸2Kは副作用を起こしにくいので安全性が保たれており、さまざまな影響を受けやすいデリケートゾーンにも安心して使用することができます。

-未分類

Copyright© イビサクリームのリアルな口コミと最安値29%OFFの場所を調べてみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.